安心・便利なシステム

災害・事故、万が一の時にも子どもたちを守るため、
多摩川幼稚園は様々な取り組みを行っています。

防災対策

全職員による避難誘導や人工呼吸などの研修を定期的に実施し、保育では毎月1回避難訓練を行なっています。

  • 1
  • 3
  • 2

非常用発電機(平成24年3月設置)

災害等により停電した場合は自動運転で電力を供給する非常用発電機(防災用認定品 出力50kVA/40kw)を設置しています。課外教室等を含めて早朝から夜間まで教育活動を行う幼稚園として、ある程度の節電対応をとることで、季節、時間帯を問わず教育活動を継続できます。

hatuden

深井戸(飲料、雑用水の確保)

深度120メートルの井戸で、飲料可の水を確保しています。また、プール水を飲料用に濾過する装置も設置しています。

緊急地震速報装置(一斉放送)

無線機(全9台)

jisin

備蓄倉庫

園児はもとより、地域でも活用できる程度の食糧、防災用品を備蓄しています。

bichiku

以上、災害が発生した場合は、保護者が迎えにくるまでは子どもたちを安全に保護できる体制を整備しています。また、その後の復旧活動等においては、地域の防災ステーション機能も発揮します。

防犯対策(セキュリティー)

 園内での事故対応、防犯に活用するため、監視カメラ11台で常時録画し、事務室から園内の様子を常に確認しています。また、万が一の自体に備えて「警察110番」発信ボタンを園内4カ所に配置し、さすまた等の機材の設置や職員の訓練も行なっています。

  • camera2
  • camera1
  • 110