教育理念

おもしろいこといっぱい!!

 

子どもにとって一番たいせつなのは「遊び」です。それは「おもしろいこと」に対して、好奇心を持って自ら意欲的に行動することに他なりません。子どもたちは多くの友達との「遊び」を通して、集団生活のルールや生活習慣、社会性、知識、技能など、健全な成長に必要なさまざまなことを学んでいきます。多摩川幼稚園では、楽しいことや好きなことだけでなく、ケンカや怪我なども成長の機会と捉え、子どもたちひとりひとりにとっての「おもしろいこと」をどんどん広げていってほしいと考えています。

本園は、昭和42年に旧秋多町で最初の幼稚園として設立されました。現理事長が3人の娘の教育、そして地域の教育のために創設して以来、“明るく、やさしく、たくましく”をモットーに教育、保育をおこなってまいりました。広い園庭と充実した施設、設備の中で、子どもたちはたくさんの友達や先生と一緒に健全な心と体を育んでいきます。これまでに送り出した7,000人近くの卒園生は、今も「おもしろいこといっぱい!」の精神で豊かな人生を歩んでくださっていることでしょう。

子どもをとりまく環境はひと昔前と一変しており、青少年の前には次々と新たな問題が立ちはだかっていきます。そんな時に支えとなるのは、幼少期の五感を使った体験や、周りの人とのつながりではないでしょうか。多摩川幼稚園が、子どもたちだけでなく、子どもたちに関わるすべての保護者や地域の皆様にとっても、喜怒哀楽に富んだ「おもしろいこといっぱい!」の成長の場になると信じています。

これからもよりいっそうの愛情をもって、皆様と手を携えて未来への大切な宝物を育ててまいります。

理事長  長谷川安年
顧問   長谷川照代
園長   濵川喜亘
副園長  濵川明子

 

理事長:長谷川安年/顧問 :長谷川照代
理事長:長谷川安年/顧問:長谷川照代

00010_2349-266518

園長:濵川喜亘/副園長:濵川明子