ナンジャ?モンジャ?!

先日、保育園に2本の木を植えました。

一本は、「ロドレイア」という木で、常に葉っぱをつけている常緑樹です。

2月から4月頃にかけて、赤い花を咲かせます。

まだ今は蕾ですが、たくさん花芽がついているので、2月が楽しみですね!!

 

さて、もう一本は、「ヒトツバタゴ」という木で、紅葉して葉が落ちる落葉樹です。

今はすっかり葉が落ちてしまいましたが、5月頃には真っ白い花を咲かせます。

とても珍しく、絶滅危惧種にも指定されていて、天然記念物になるほどの希少な木でもあり、

またの別名を「ナンジャモンジャ」ともいいます。

 

むか~し昔、あの水戸黄門が『この木は何じゃ?』と聞いたところ、

地元の民が、突然の質問に慌てふためき、ついつい『なんじゃもんじゃ』と返答してしまい、

それを木の名前だと勘違いしてその名が広まっていったんだとさ…。

保育園の新たなシンボルツリーとして大切に育てていきたいと思います。

 

新しいといえば…

新たに保育園の上部にガラスをはめ込み、今まで半外部だった人工芝部分が完全に室内化されました!

これで、雨が降っても安心して遊べるようになりました!!

 

さらに、新しいといえば…

新たな建物の児童発達支援施設「どんぐりの森」の家の施工が、急ピッチで進められ、

早くもその外観(まだ骨組みです)が見られるようになりました!!

こちらの完成もお楽しみに!!

 

記事(RUI)