認定こども園

多摩川幼稚園が認定こども園に移行する理由

「認定こども園」とは、幼稚園と保育園の両方の機能を持つ施設ですが、多摩川幼稚園はすでに20年以上前からプレイルーム、自家製給食、2歳児保育(一時預かり)、子育て広場的な子育て支援事業も実施してきており、認定こども園の要件を満たしてきました。
そしてこのたび平成30年度から、利用する保護者の負担や、近年急増している働くお母様の家庭の園児の弟妹(1,2歳の 3 号児)の長時間保育の対応などを総合的に検討した結果、「認定こども園(幼稚園・接続型)」に移行しました。

子ども・子育て支援新制度の概要

内閣府、あきる野市のホームページをご確認ください。

内閣府:http://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/sukusuku.html
あきる野市:http://www.city.akiruno.tokyo.jp/0000005976.html

認定こども園 多摩川幼稚園の構成(学校法人 多摩川学園)

保護者の負担額の変更

新制度移行により、入園金、毎月の保育料、給食費等とプレイルーム(預かり保育) 保育料と、保護者に対する補助金のしくみが大きく変わりますのご注意ください。