体づくり・遊具・プール

近年子どもの体力、運動能力の低下が問題となっています。環境の変化により外で遊ぶ機会が極端に少なくなっていることが原因です。多摩川幼稚園では心身ともにたくましく育て、丈夫な体を作ることを最も重要な目標の一つとして考えます。

    • 1
    • 2
    • 3
    • 4

自然に体を使って遊びたくなるように設計された遊具を整え、知らず知らずのうちに運動能力が高まるよう工夫しています。

    • 8

幼児期は様々な運動をバランスよく行うことが大切です。そのため、担任教諭の指導のほかに、専門教育を受けた専任講師による体育指導も取り入れています。

    • 6
    • 5

海や川の多い日本では、泳げるようになることは必須とも言えるでしょう。また、子どもたちに体力をつけたいとの思いから、30年以上前から電動床可動式プールをいち早く導入しています。
多摩川幼稚園は「幼児期だから水遊びで十分」とは考えていません。この時期だからこそ容易に泳ぎを習得できます。学年の身長に合わせた水深のプールで全学年5月から10月まで毎週ベテランコーチによる水泳指導を受け、自然に泳げるようになっていきます。